コンピュータサイエンスって何?掲載のお知らせ

Facebook上で全30回かけて「コンピュータサイエンスって何?」をテーマに投稿を行いました。動機は日本のコンピュータサイエンス教育に携わるいろいろな方々と交流するうちに、もっとコンピュータサイエンスの基本をわかりやすく伝えることができないか、と考えたからです。コンピュータサイエンスの歴史は意外と長いですが、基本となる考え方に変わりはありません。コンピュータ言語や使用言語が変わっても、基礎的な考え方がしっかりしていれば、時代や場所が変化しても、生きていくためのツールになると Lazylabo は考えています。 この連載が日本のコンピュータ教育に少しでも役立つといいな、とシアトルから熱い思いと一緒に届けたいと思います。 はじめに 概念マップ 1. 電気のちから 2. プロセッサとメモリ  3. 入力と出力 4. ハードウェアとソフトウェア 5. ソフトウェア工学 6. ソフトウェア開発 7. ソフトウェア開発/デザイン思考…

Continue Reading →